糖質制限ダイエットに向かない人とは

糖質制限ダイエットは短期間で体重を落とすことが出来ると評判のダイエット方法ですが、誰でも行ってもいいという訳ではありません。

糖質制限ダイエットに向かない人とはいったいどのような方なのでしょうか。

たとえば肝臓や腎臓、すい臓などに疾患のある方が「糖質制限ダイエットが向かない人」に当てはまります。

糖質制限を行う場合はタンパク質や脂肪などを肝臓で分解することにより糖は作られていますが、肝臓に疾患のある方は肝臓の機能が上手く働いていないので、糖を作りにくかったり低血糖を引き起こす可能性があります。

腎臓やすい臓に疾患のある方も病気を悪化させたり、機能が低下することも考えられるので、糖質制限ダイエットには向きません。

他にも現在、持病があって薬を服用している方や糖尿病治療を行っている方も要注意です。

もし糖尿病治療を行っていて薬を処方してもらっているのであれば、糖質制限を行うことで血糖値が下がってしまい、低血糖を引き起こす恐れがあります。

そのような方はかかりつけの医師や薬剤師に相談されることをオススメします。

また甘いものや炭水化物が大好きな方は無理をして糖質制限を行うとストレスが溜まったり体調が悪くなることもあるので、自分のペースに合わせて少しづつ減らしてみるのがいいかもしれませんね。